成長にあったミルクの量

成長にあったミルクの量

 

赤ちゃんの成長に合わせて、一日のミルクの量と回数は変化します。

 

5ヶ月頃を目安にして離乳食を開始しますが、離乳食の食べ具合がよくなるにつれ、どんどんミルクの量は減っていくものです。

 

離乳食が始まる前は赤ちゃんによって多少ミルクの量や回数は異なりますが、たいていミルクの量と回数は目安にそって飲ませます。

 

離乳食が始まった後は離乳食後は飲めるだけミルクを飲ませてあげても大丈夫です。

 

1日あたりのミルクの量の目安は、
誕生から2、3週間目頃までは60〜80mlで1日に7・8回、
2、3週間目から1ヶ月頃で100〜120mlで1日に6・7回、
1〜2ヶ月で140〜160mlで1日に6回、
2〜3ヶ月で160〜180mlで一日で5回、
3ヶ月から離乳食を始めるまでの間は180〜200mlで離乳食後のミルクの回数もいれて5回くらいが良いでしょう。

 

離乳食は、5ヵ月頃から1日に1回、6ヶ月頃から1日に2回が目安です。上記のミルクの量と回数は、あくまでも目安です。赤ちゃんの体重などに合わせてミルクの量と回数を決めましょう。